大沢崩れ

大沢崩れ

 

富士山の西斜面に位置する大沢崩れSmile

大規模な侵食谷は最大幅500m、深さ150m、頂上の火口直下から標高2.200m付近まで達します。

この谷では毎日のように少しずつ崩落が起きており、その崩落によってできた土砂が、大雨の降った時などに土石流となって一気に流れ下ることがあります。この土石流が下流の田畑や町まで流れてこないように、富士砂防事務所ではさまざまな対策に取り組んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ:富士山画像集の記事一覧

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031